RUNと心理ときどき本

満員電車に乗っているときに思うこと まとめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

満員電車って、サラリーマンで電車通勤の方は、ほぼほぼ体験されることかと思います。

わたしも最近から電車通勤に変わりまして、いろいろ思うことがあります。

そんな日常思うことをまとめてみました。

出入り口付近は人であふれて気持ち悪い

6時30分頃に神戸市営地下鉄に乗っていますが、この時間でも人がパンパンです。

パーソナルスペースもくそもありません。

こんな時に加齢臭がプンプンするおっさんが近くにいた日はもう…。

あんなオッサンになりたくありません。

私が乗っている電車は、席の前は比較的安全地帯です。

女の子の前に立ちたくない

普段私はkindleで読書をしていまして、つり革をあまり持っていません。

席の前の空間に行けなかった場合、ギュウギュウの環境下で読書しなければいけません。

そんなときに恐ろしいのが若い女子。

最近は両手を上げていても「痴漢!」と言われれば捕まってしまう時代です。

正直ね、あまり近づきたくありません。(冤罪なんてまっぴらごめん)

のんびり読書していたいのに、運悪く隣に若い女子がいました。

電車が揺れるとたまにこっちを見てくるんです。

(一切その気ないし、なんなら女子側の手はkindle持って読んでるし!)

変な勘違いされたらどうしようかと思うシーンでした。

気持ち悪いおやじ

さっきのシーンで、ホームからオッサンが入ってきました。

その人、恐ろしいことに女子に目を向けた途端、奥にまだ空間があるのに女子の方を向いてつり革を持つんです!(この時点で恐怖のレベル)

するとぎゅうぎゅう詰めになって、女子と密着状態です。(こいつ確信犯やろ)

その、清潔感もないおっさんを観察していると、もっと気持ち悪いことが…

女の子はうつむいてケータイを触っているんですが、その画面を流し目でガン見しているんです!

(マジでえぐい)

結婚指輪もしていたのに、ほんと、残念な気持ちになりました。

こんなオッサンにはならないでおこうね。

座席にカバンを置くバカ

みんなぎゅうぎゅうで乗っているのに、たまに馬鹿がいます。

座席にカバンを置いて広々と使っているんです。

思いやりという心を持っていないのでしょうか。

あまり会いたくない同僚

いくら出勤といえど、まだプライベートな部分はあります。

そんなときに同僚と会うと、正直面倒です。

特に仲がさほど仲良くない人と鉢合わせしたら、そのあとの時間が非常に気まずい。

できる限り社外では会いたくないものですね。

うとうとして肩にもたれかかってくる女子

もうね、これ緊張するからほんまやめてほしいです。

例えばおばさんとかなら「ばばぁ…まぁいいか。」

くらいなもんですが、比較的年の近い方だと「意識したくなくとも意識しちゃうからやめて!」

ってなります。

単純に恥ずかしいって話です。

最後に

東京ほどの満員電車には乗ったことありませんが、オッサンと女子。

この2つさえ遠ざけておけば、比較的安心だということがわかりました。

難しい話だけど、世の中の企業が少しづつ業務時間をズラせば楽になるのになと感じる満員電車。

あなたが思う内容は入っていましたか?

他にもあればぜひ教えてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.