思考と恋愛で鬱を克服

Twitterの質問箱から感じる恋愛への質問を考察してみた3つのこと

2019/02/12
 
質問箱
この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

あなたは質問箱を利用したことがありますか?

Twitterと連動させて行うことができる質問箱ってありますよね。

匿名で質問ができるものです。

たくさんの方から質問を頂いて、一生懸命言葉を選んで回答してます。

時には半日考えて回答することもありました。

質問箱を設置してから700回も回答しましたので、今回は恋愛に関する内容で考察してみようと思います。

独りよがりな悩みになりがち

質問してくる方に多いのが、相手の方の気持ちを汲み取れておらず、自分本位になっている傾向がありました。

それはきっと、自分のことで精いっぱいだからなのでしょうけど、そのままの状態だと、わたしのアドバイスを実践してもあまりいい結果は生まれないように感じています。

わたしはいろんな方に常日頃から聞き上手になろうねとアドバイスしています。

聞き上手になれれば相手の考えを引き出すことができますので、悩みはかなり減るからです。

答えを求めがち

質問がたくさんあるけど、なにが正解なのか分からないことってありますよね。

質問への回答は、あくまでアドバイスであり、答えではありません。

ですが、文面から伝わってくるのは「答えがほしい」であります。

答えはご自身の中にあることを忘れてほしくありません。

心理カウンセラーの資格は持っていますが、あくまで後押しをする存在です。

判断するための材料は提供できますが、答えはご自身で見つけ出して納得のいく行動をできたらいいなという想いであります。

心から悩んでいる人が多い

質問箱を始めて1年が経過しましたが、毎日2通ちかくの質問をいただいています。

人によってはおちゃらけた質問でにぎわっていますが、わたしへの質問は良い意味でいつもシビアな内容がきます。

カップルの数が少ないと言われている現代ですが、恋愛自体に興味がないってことではなさそうです。

むしろ

  • 失恋するのが怖い
  • 好きな人がいるけれど振り向いてもらえない
  • 昔は好きだと言ってくれていたのに、最近口数すら減った

なんていうネガティブ要素の質問が多いです。

例えば「彼女を喜ばせるサプライズとかありますか?」とかは一つもありませんでした。

質問箱となると、ネガティブな要素に目が行きがちなのかなー?と感じています。

さいごに

質問箱は回答自体は皆さんに公開されていますので、私の考えは発信されるわけですが、質問者さんが行動されたのかがわかりません。

時にあえて厳しい言葉をプレゼントすることもありますが、その時質問者さんが何を思い、どう行動していくかがわからないのが、何とも言えないところです。

質問箱ではその質問を元に回答しますので、的外れなこともあります。

もし、深い部分まで質問を受けたい方がいらっしゃいましたら、いつでもDMやLINEにご連絡ください。

親切丁寧な対応をさせていただきます。

あわせて読みたい

共通の趣味があってよかったこと

この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カウンセラーもりしBLOG , 2019 All Rights Reserved.