一日一歩成長する

別れるべき男3つの特徴

2019/02/12
 
自分によっている男性図
この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

あなたは幸せな恋愛ができていますか?

20代で恋人がいない割合が7割と言われている昨今、そこから先の幸せな恋愛を目指すのは非常に難しいことなのかもしれません。

そこで、男性目線からの「こんな男は別れるべき」特徴を3つご紹介します。

束縛してくる

束縛は男女問わずおすすめしません。

そもそも束縛する理由を考えてみてください。

自分に自信がないから、大好きな人を他の人に取られたくないから縛ろうとするのです。

なので、根本の対策が間違っています。

縛るのではなく、自由にしましょう。

縛るとシロクマのリバウンド効果といって、縛れば縛るほど自由を求めてしまいます。

いくら縛られるのが好きな人でも、長い年月一緒にいると、疲れてきます。

そういう人とはサヨナラしましょう。

SNSに自撮りをUPしまくる

自撮り画像
男女関係なく自撮りを載せる人はナルシストの傾向あり

SNSに自撮りを載せまくる人は男女関係なくメンヘラ傾向の可能性が高くて、しかもナルシストの可能性が高いです。

メンヘラでナルシストって面倒くさくありませんか?

ナルシストの怖いところは、妙な自信があって、その自信が一瞬魅力的にみえて人が寄ってくることです。

だいたいこういう人は承認欲求も強い傾向にあります。

「今日疲れたー。」とか言いながら自撮りを載せている人がいれば、「あ、ナルシストだ。」と思ってもいいかもしれません。

自撮りでも顔を隠していたり、スタンプで見えないようにしている場合は別ですが。

女の子の友達しかいない

この手の方は多くいます。

男友達と遊べない男に魅力なんてあるのでしょうか。

男とは、男に惚れられてこそ男ではないでしょうか。

なぜここまで強気で言うのかと言いますと、女性の友達が多い人は当然誘惑も多いです。

いくら言っても男女ですから、間違いも起こる可能性だってあるわけです。

そんな環境でいるよりも、男同士で熱く語れる、遊べるなんて環境がある男の方がかっこよくありませんか?

そういう想いで強く主張してみました。

ちなみに初めから女友達多いよアピールしてくる人は、とっさの時にうまく嘘でごまかせるように布石として言っているかもしれませんので、気を付けてくださいね。

さいごに

付き合っていても喧嘩の多いカップルはストレスホルモンが分泌されて、身体の炎症が激しくなると聞いたことがあります。

恋をするとヒトの脳はサル以下になるともいわれていますから、しっかり見極める目をもっていたいですね。

ステキな恋愛をしてくださいね。

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もりしBlog , 2019 All Rights Reserved.