RUNと心理ときどき本

ランニングでAirPodsを半年使った結果

2018/09/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

AirPodsは皆さんご存知ですよね。

24歳の誕生日に友達から貰った AirPodsを半年間使ってみての変化をまとめようと思います。

AirPodsを半年間ランニングで使用した結果

良かったところ

ワイヤレスに感動

これまではiPhoneに付いている純正のイヤフォンを使用して走っていましたが、いかんせん線が絡みついて若干のストレスでした。

それがAirPodsに変更して、劇的に変わりました。

つけている感覚を忘れるくらい、自由なんです。

これには驚きを隠せませんでした。

走っている最中も線がまとわりつかない。

これがどれほどストレスフリーになることか、身を持って体感しました。

2018-09-22追記

あれから一度AirPodsを無くしたと思ってしょんぼりしていた日がありました。

(実はカバンに入ってた)

出勤で優先の純正イヤホンをつけたわけですが、もう面倒!

動くたびに線はまとわりつくし、なんならわけわからん所にひっかかるし、「んぁ!」みたいな感覚になりました。

思っていた以上に無線って最高ですね。

管理が楽

有線だと、使用前後にきっちりくくるなりしないと、後で絡まって、ほどくのが面倒なんてことがありました。

それがAirPodsだと無線なので、使用前後の管理がとても楽になりました。

それにiPhoneなら耳につけるだけで接続完了なので、非常に楽なのも良いところ。

「走りたい!」と思ったら耳につけて、すぐに走れます。

本体も小さいし、持ち運びも楽です。

AirPodsをタップするだけで曲を止めたりスキップしたりできる

AirPodsは左右で別々の機能を持たすことができます。

たとえば私だと、左耳の方を2回タップすると曲をスキップ。

右耳の方を2回タップすると、停止。

こんな風に設定しています。

これは設定で変更可能です。

純正だと+ーのボタンをタッチしないとできないので、直感的にできるAirPodsの方が私は楽でした。

マイナス点

接続が悪くなってきた

雨の日もつけて走っていたからでしょうか。

本体のマイク部分から青いサビのようなものが出てくるようになりました。

それからと言うもの、接続に時間がかかるようになりました。

防水機能がないのはすこし難点です。

サイズ調整ができない

左右の耳の大きさが違うせいか、走って汗を大量にかくと、左耳だけ落ちやすくなります。

実際落ちたことはありませんが、耳との隙間に汗がはいって、それが気持ち悪くてランニング中に何度かはずして拭う時もあります。

まとめ

  • iPhoneならAirPodsは非常に楽
  • 無線だからストレスフリーで走れる
  • 雨の日にさえ使用しなければ長持ちする
  • サイズ調整がきかない

私はこのAirPodsのおかげでランニング時に何度も助けられました。

ストレスなく好きな音楽をかけてペースを上げることができましたし、直感的にスキップできるのがとても楽でした。

ぜひ一度この体験を味わってみてください。

 

追記

AirPodsは高いと感じる方には手始めにこちらで試すのもいいのではないでしょうか。

1万円を切る価格でレビュー評価も高いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.