RUNと心理ときどき本

人見知りを克服した17の方法 顔が赤くならないために

2018/12/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

「はじめまして」が超苦手だった

人前で話すのが苦手。会話している最中に、何を話せばいいか分からなくなる。そんなことって今まで経験したことありませんか?私がそうでした。

すでに克服して、いろんな人と話ができるようになったので、その方法を紹介しますね!

~メンタル編~

1.タイプがあることを知る

メンタリズムの世界では、

世の中には2種類の人しかいない。話すタイプか聞くタイプだ。

そう言われています。

実際にそうだと思います。私はどちらかと言うと、聞くタイプでした。

話せないことが悪いことではなく、そういうタイプなんだと覚してください。

自分のタイプを知って、どうすれば話せるようになるか対処していきましょう。

「自分が聞くタイプ」×「相手が話すタイプ」の場合

とにかく聞きましょう。勝手に話してくれます。比較的相性が良いです。

お互い話すことだけが会話ではありません。聞くだけでも十分です。

「自分が聞くタイプ」×「相手が聞くタイプ」の場合

この場合、自分の真価が問われます。相手が話す気がないなら、話さなくてもOK。

ただ、大抵の人は自分が好きな話になれば、勝手に話してくれるものです。

聞き出し上手になることを意識しましょう。

お互いが話すタイプの場合

もう、好きにしてください。笑

女性でよく話の内容が噛み合っていないのに、話をずっとしていることってありませんか?

これぞ間違いなくこのパターンに当てはまります。

2.「人見知りだ」という自己暗示を解消する

質問です。いったいいつから「人見知り」になったんですか?人見知りって、生まれつきだと思っていますか?

間違いです。ただ勝手に思い込んでいるだけです。

断言します。「人見知り」のほうが気が楽だから、そう言っているんです。

余計なエネルギーを使わずに自己を守っているんです。誰から?自分を知らない人から。

まずこの「自己暗示」を解きましょう。鏡の前で「私は人と話すのが楽しい。」と毎日唱えてください。

周りに誰かいて、恥ずかしいのなら、鏡の前じゃなくてもいいので、一人の時間が生まれた時に実行してください。

変わりたいなら、まず「言葉」から変えていきましょう。「自己暗示しなおす」これは何でも有効な手段です。

3.自分から心を開く

人と仲良くなれるときを想像してください。

どちらかが心を開いたときに仲良くなっていませんか?

相手が心を開いてくれたから、私も心を開く。これだと受け身ですよね。

自分から開いていきましょう。心開いて嫌われるなら、その相手とは関わらなければいい。それだけです。

4.相手の目を見て離さない

日本人はずっと見られていると緊張すると言われています。ただ、こんなのはもう古い情報です。

スティーブ・ジョブズや親愛なるTAKUYA∞さんなど、成功した人は目をじっと見て会話することが多いそうです。

相手の目を見ないから不安になるんです。リアクションが見えなくなるから。ガンガン見ましょう。

5.姿勢を正す

日本人は猫背が多いです。文化的なものなのか分かりませんが、少しでも背筋を伸ばすことを心がけましょう。

胸を張ると、不思議と心も明るくなれます。

~話し方編~

6.自分の話は質問されるまで話さない

自分から心を開いていきますが、相手が心を開いてくれないと話になりませんよね。

自分が話すタイプであっても、まずは聞き上手になりましょう。

聞いて聞いて、相手が質問してきたら話す。2:8くらいの割合で十分です。

だから、まずは質問攻めでいいです。

もしくは相手が全く話をしない場合は、あなたが自分の話で切り込んでいくのも手です。

「最近私さ、こんな楽しいことあったんだけど、あなたはどう?」とかね。

7.質問の仕方

だいたい鉄板なのは、「どこから来たの?」「職業は?」とかですよね。

「はじめまして」の時はこれで十分です。

あとは相手のタイプを見て、話さないタイプなら質問。話すタイプなら勝手に話始めます。

8.オウム返しからの質問

オウム返しとは、相手が話した内容をそのまま復唱すること。

A さん
今日ね、焼き肉行ってきたの!
B さん
へぇー焼き肉行ったんだ!
A さん
せやねん!めっちゃ美味しかった!
B さん
美味しかったの!どの部位が美味しかった?

てな感じ。まずは相づちして、共感・復唱しましょう。その後に少しの質問を入れれば会話は成り立ちます。

ユーモアがある人は質問の切り口が斬新ですが、そこまで意識しなくても十分です。

9.仲良くなるまで、相手の考えを否定しない

誰でもそうでしょうけど、いきなり否定されると「なんやねんコイツ!」ってなりますよね?

ならない人の方が少ないでしょう。相反する考えでも、色んな考え方があるんだなと思って流しましょう。

考えが全く合わないなら、その場が終われば距離を置けばいいですし、気にすることはありません。

そこで自分の考えをドンっ!と言い返すと喧嘩になります。したい人は是非してください。

10.共通の話題を探る

お互い何が好きか知らないから会話が続かないんです。仲良くなるためにも共通の話題を探りましょう。

地元の話、音楽の話、タイプの人など、話題は様々ありますので、相手が話しやすそうなことを聞いてみてください。

わからない分野がきたら、すかさず聞きましょう。相手は得意がって話してくれますし、自分も新しい知識が増えて一石二鳥です。

11.質問で相手の性格を探る

相手の長所と短所が分かれば、ぐっと話しやすくなります。ほめることも会話になりますし、ほめられて嫌な気分になる人はそういません。相手の長所を見つける努力をするといいです。そうすると質問もおのずと増えます。

12.相手との波長を合わせる

これが結構難しいです。

相手がウェーイ系(ノリが軽い人)たちは未だに苦手です。ただ、対人であれば大体波長を合わせられるようになってきました。

波長を合わせるコツですが、「ミラー効果」を使います。ミラー効果とは相手の真似をして、心の距離を近づける方法です。

人は自分と似た人を好きになる傾向があります。これを有効活用しましょう。できるだけ自然に真似をしてみてください。

不思議なもので、これを知っていると面白いことが分かります。例えば外食で、仲のいい友達が水を飲もうとしたとき、自分も無意識に水を飲もうとしたり、「こんなことしたいなぁ」って考えてたら、友達も同じことを考えていたりというのを経験するともう…!ミラー効果やー!とか勝手に思っちゃうんですよ(笑)それだけで勝手に心の距離がグッと近づけます。

~身体の使い方編~

13.腕組みをしない

これ、心理的に相手への壁を作っているんです。やめましょう。

相手が腕組みをしたときは、何か拒絶したい、もしくは考えに賛同していないと考えましょう。

癖でやる人もいますので、その辺の見極めも必要ですけど。

ちなみに癖でやる人は、相手の意見より自分の意見を通そうとする傾向がありますので、注意してください。

(経験則です)

14.笑みをこぼしながら話す

これもミラー効果の有効活用です。ミラー効果は相手も無意識にやってしまうものなんです。

しかめっ面で話していたら、相手も同様にしかめっ面になりますし、楽しそうに話していたら、相手も楽しそうに話してくれます。

15.うなずく

うなずく行為には、相手の話を聞いていますよーっていうサインになります。

相手への考慮ですね。話していてリアクションがないと、お互いリラックスできませんので、うなずきましょう。

16.正面に立たない

正面に立たれると、少し圧迫感が生まれます。これはあまりよくありません。

一番いいのは相手の横、相手の右手側に立つことです。

古来から人は心臓を無意識に守ろうとする心理があるらしく、左側に立たれるとソワソワしやすくなるそうです。

初めのうちは相手の右手側に立つことを意識してください。

また、顔の角度も同じです。少し斜めで話した方が、圧迫感が減ります。

炎の体育会TVでDaiGoさんの話し方を見てみてください。初めはリラックスさせるために斜めを向いてますが、心理的に相手を焦らせるときは正面を向いています。ちなみに顔の右側を相手側に向けると良いです。

と言うのも、顔半分の右側が建前の表情。左側が本音と言われているからです。

これでもダメなら最終奥義

17.マスクの活用

人は本音を隠すとき、無意識に口を隠します。これを逆利用します。

マスクをしていると心に小さな壁を作ってくれます。ほんとに微妙な壁ですが。

メンタル的に少し滅入ってしまったときにも有効です。

コミュニケーションで口を隠すと、相手の表情ってほんとに分からなくなります。

怒っているか笑っているかさえも分かりません。マスクして自分の顔を鏡で見てみてください。

会話が終わってバイバイするとき…

はい、ここまでのスキルを活用して、目の前の人と話ができたとします。

でも、仲良くなれたのか。相手に好感を持ってもらえたかって気になりませんか?

とっておきを教えます。

別れ際、相手の発する言葉に注目してください。

いいですか、別れ際の言葉に注目するんです。なぜか!相手が一番気が緩んで、本音が出やすいタイミングなんです。

「またね。」と言ってくれたなら、好感を持ってくれている人が多いです。ただし、適当に言っている人もいるので、表情にも目を向けてください。

逆にそういった言葉が一切なく、「じゃーねー。」とか、「ほな。」と言って帰る人はあまり自分に興味がなかった可能性があります。

怖いでしょ。いつも私はこの習慣が怖いです(笑)

実際この話を聞いて友達との別れ際になったとき、仲いい人たちはほぼ100%「またね。」って言ってくれていました。逆にはじめて会った人で、もう連絡を取っていない人ほど「じゃあね。」が多いです。

割合が多いというだけで断言はできませんが、判断材料としては中々いいものです。

恋愛でも効果的ですので、ぜひデートの帰り際の一言に注目してください。

最後に

新学期を迎えて自己紹介するとき、人前に出ると顔が真っ赤になって、なにも話せなくなる人でした。

「可愛い~!」とか言われるのが本当に恥ずかしかったです…。

他にも初めてあった人と何を話せばいいのか分からなくなることが多々ありました。

そんな私でも、LIVE会場へ行けば「はじめまして」の方と話もできますし、最近は新しく出会う人との会話が楽しくなってきました。良い方の自己暗示が成功しています。

「私はこんな人間だから」「私は人見知りだから」などと悲観的に思うのではなく、変われるんだ!いう強い気持ちをもって、挑戦してみてください!!!

困ればいつでも私がサポートしますし、いつでも頼ってきてください。

あなたは「人見知り」なんかじゃない。

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.