RUNと心理ときどき本

女子でランニング初心者でも走りやすいイグナイト4 感想

2018/10/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

最近プーマの売れ筋”イグナイトシリーズ”

このシューズが発売されてプーマの売り上げが良くなるほどの人気アイテムです。

そんなシューズを現在友達が履いて走っていますので、評価をまとめようと思います!

 

ラン初心者でも走りやすいイグナイト

そもそもイグナイトってなに?

結論から言うと、イグナイトフォームというミッドソールを兼ね備えたシューズのことです。

「ミッドソールって何?」って方もいますよね。

ミッドソールとは靴底に用いられる衝撃干渉の役割を果たしている部分です。

この部分はスポーツメーカーでいろんな独自の素材が使用されていますね。

例えば…

  • アシックス→GEL
  • ナイキ→カーボン
  • アディダス→ブーストフォーム

実はプーマもブーストフォームを使用しています。

こちらはアディダスが訴訟を起こしているそうなので、決着はつくのやら…といったところ。

話を戻すと、それほどミッドソールは差別化が重要な部分になっています。

そしてイグナイトフォームの反発性は従来のシューズよりも30%アップ、反発性のスピードは40%以上もアップしたそうです。

履いてみた感想

クッション性が良い!

やはり最初に出てくる言葉はクッション性でした。

実際店頭で履いたことがありますが、かなりふわふわした感覚です。

サイズ感

縦が少し長いかも

プーマでよく聞く話です。

普段選ぶ靴より、1サイズ下げて購入したほうが良いかもしれません。

指先方向に長いと、どうしても走りにくいですし、擦ってつまずいてしまう可能性があります。

この辺はお店で実際履いて確認したほうが良いです。

フィット感が良い

このシューズはスリッポンのような形状になっていて、その履き心地が気持ちが良いです。

また、最近のプーマのシューズでよく見受けられるのが、紐を通す部分が無数にあること。

網目のような部分なら、ほぼどこでも通せますので、遊び心があって、それもまた良いですね。

オリジナル感がでます。

もともと紐を縛らなくてもいいフィット感なので、街履きでもおしゃれに履けそうです。

長距離走っても疲れなかった

タイムで言うとこんな感じです。

  • 3㎞→13:28
  • 5㎞→23:05

女性ですが、かなり速いなのでは…と思いつつ、聞いてみると、

「軽くて長時間走っても疲れにくかった」そうです。

女性ですから、男性に比べ力がない分、軽い方が断然良いですよね。

また、足への負担が少なくて疲れにくかったとも。

ミッドフット走法や、踵接地のメジャーな走り方、どんな走り方でも足が悲鳴を上げることなく走れる!と言っていました。

イグナイトフォームの効力があったようですね。

ちなみに走行距離は総走行距離まだ50㎞なので、今後耐久性がどうなるか見物です。

まとめ

  • クッション性が高いから、走るのが楽
  • 軽いから長時間・長距離走っても疲れにくい

プーマで大人気のイグナイト。

今回友達の話を聞いて私も履いてみたくなりました!

快くインタビューを受けてくれた友達に感謝して終わりにします!

気になる方は下のところから見てみてください(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.