一日一歩成長する

2017年最も売れたウルトラブーストを履いた感想

2019/02/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

ウルトラブーストは街履き用?それともランニング用?

わたしは街履き用で愛用しています。

そんなウルトラブーストについてまとめてみました。

着用されている有名人

カニエ・ウェスト(初代モデル着用)

ジャスティンビーバー(初代モデル着用)

ワンオクロックのTAKA(第三世代着用)

UVERworldのTAKUYA∞(すべての世代着用。現在第四世代のホワイト着用中)などなど

ミュージシャンがステージに立つ際に着用されて話題となりました。

そもそもウルトラブーストとは

ブーストフォームと呼ばれる、これまでミッドソール(アウトソールと足の中間にあるソール)に使用されていなかった材料を100%使用して完成したのがこのシューズだそうです。

アッパーはニットでできていますので、靴下のような着用感です。

また、第二世代以降アウトソールはタイヤメーカーのゴム(コンチネンタル)を使用していますので、耐久性が高まりました。

そして2017年最も売れたシューズとしてよく取り上げられています。

ちなみに2015年に発売されて、初代のホワイトカラーはプレ値が付くほど人気が高いシューズでした。

J&Dのトリプルホワイトは3年経った今でもプレ値で取引されていますね。

世代別の着用感

実は第3世代からニットの網目が変わっています。

(知っていましたか?)

そのため第1~第2までは若干横幅がきつく感じて、ユーザー間では1~1.5サイズアップで着用する方が良いとなっていました。

第3世代以降横幅に伸びるようになったため、以前に比べたら圧迫感が減っています。

そのため、前作モデルから第4世代モデルに履き替える際は、通常のサイズに戻す方がおススメです

ニットなので履き続けていると伸びていきますから、最初の時点では横幅はややきついかな?くらいがベストです。

履き心地抜群は好みもありますので、参考程度に捉えてくださって結構です。

履くシーンはどのタイミングか

このモデルは発売当初、ランニング用なのか、それともミュージシャンたちのように走らないときに履くものなのか、話題になりました。

どのシーンで履くのが適切なのか。

これには賛否両論がありましたので、どちらとも掲載しようと思います。

ランニングでは履きたくない派

黒のシューズ

おしゃれに履きたい

私は実はこっちです。

というのも、反発性が非常に高くて、それに足裏が痛くなったためです。

UVERworldのボーカルTAKUYA∞さんがライブ中でも日課の10㎞ランニングでも着用されていたのに感化されて購入したものの、私の場合ランニングでは合いませんでした。

ただし、街履きは最高です。

クッション性は高いですし、ニットなので蒸れにくい。

冬は網目から冷気が入ってきますので、若干寒いかなとは感じますが…。

なので、春~秋はベストです。

そして紐を縛らなくても履けるあの靴下のような履き心地は、一度履くとクセになります。

値段も非常に高いですので、ランニングで履きつぶすのはもったいない…そう思ってしまったので、ランニングでは使用していません。

ランニング派

ランナーの絵

走ると跳ねるような感覚で楽しい

ウルトラブーストに魅せられた者たちの紹介です。

このシューズは他のランニングシューズに比べて非常に反発性が高いモノになっています。

そのため、クセになったらずっとリピートしちゃう人たちもいるみたいです。

20代前半の友達10人くらいに、普段走っているランシューはどれ?と聞くと、一番多かったのがこのウルトラブーストでした。

走った感想

中にはウルトラブーストを3足用意してローテーションしているといった方も。

(総額にして、おおよそ6万円)

一度ハマってしまうとこの反発性から抜け出せないようですね。

ちなみに、他社ナイキのモデルでエポックリアクトがありますが、そちらよりも反発性が高いです。

エピックリアクトレビュー

現状反発性No.1ではないでしょうか。

最近アップデートされたウルトラブーストは、さらにブーストの反発性を20%向上させたそうですね。

どこまで跳ねるのやら…。

2017年当時はめちゃくちゃ欲しくて、即完売するウルトラブーストを買うために、アディダスオンラインでスタンバイしていたものでした。

第2世代を運良く購入出来て、幸せだったのを今でも覚えています。

現在、ウルトラブーストは4世代目に入り、成熟期からやや衰退期に入ってきたかな?といった状況です。

あれほど人気で即完売だったホワイトカラーも、今では店頭で売られ、最安値で13000円まで低下しました。

いまなら比較的簡単に手に入るシューズです。

まだ着用されていないなら、一足持っていて損はないシューズです!

あの反発性と履き心地を、ぜひ体感してみてください。

あわせて読みたい

ピュアブーストレビュー

この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もりしBlog , 2018 All Rights Reserved.