RUNと心理ときどき本

alpha bounceで1100㎞走った結果

 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

お友達のシューズ事情を伺おう第3弾!

今回は最近CMでも流れている”あの”シューズです!

カジュアルにもランニングにも使用できるシューズです。

adidas alpha bounce 履いた感想

アルファバウンスの紹介です。

初期に販売された白と黒のグラデーションカラーがネットで高額販売されてから、比較的手に入りやすくなりました。(当時めっちゃそのカラーが欲しかった)

外観はYEEZYを彷彿させるかのようなフォルムで、個人的には好きなシューズです。

このアルファバウンスは沢山のシリーズが発売されています。(トレーニング用など)

ABCマートなどのお店にも売られていますので、見かける頻度も以前に比べ高くなりました。

公式サイトでは軽量と通気性の良さをアピールされています通り、店頭で履くと実際軽くて通気性も良い印象でした。

サイズ感

アディダスは日本人向けのラスト(フィッティングに関するもの)を使用されていたりと、割と足に合う人が多いです。

最近気になっているのが、靴の内部にクッション材をめちゃくちゃ入れて、密度を上げるかのような工夫を色んなメーカーがしていたり、モノソック(スリッポンみたいな形状)にしたりと、タイトな設計になっていることが多いです。

そしてその懸念が実際に当たって、この方には縦に長く横がやや狭いと言っています。

足幅の広い方にはややキツいと感じるみたいですね。

ただ、アッパーは基本的に使い続けると伸びてきますので、長く履くならちょっとキツいかな?位がおすすめです。

この方も履いてるうちにちょうど良いサイズになったみたいです。

キツ過ぎるものは履かないでね!!

走った感想

ソールの踵の厚さは4㎝で、拇指付近は2㎝なので、若干前傾姿勢になるような設計です。

走ってみると、その通りでやや重心が前に移る感覚があったみたいですね。

重心を前において走る人なら走りやすいですが、後ろ重心の方には合わないでしょう。

走り方のコツは体感で指の付け根辺りで接地を心がけると丁度足の中央で接地できます。

また最近流行りの高反発性はこのシューズには搭載されていませんので、少しソールが硬く、履いた当初は少し慣れなかったみたいです。

ポンポン跳ねたくない人なら走りやすいでしょう。

平均ペース

1kmあたり5分半〜4分半程度なら問題なく走ってます。

また、別の友達はこのシューズで3:50くらいのペースで走っていますので、速く走りたい人でも履けます。

耐久性

走行距離はおよそ1100kmです。

かなり使い込んでいます。

凸凹のソールのデザインではじめは少し走りにくかったそうな。

といっても徐々に削れますから、そのうち慣れていきました。

よく見ると踵付近は限界が来ています。

シューズの寿命平均約(約700㎞)も超えていますので、本当は新しいシューズに買い替えた方が良いです。

ただ気に入っていてケガもされていないのであれば、あと数十kmは走っても問題ないでしょう。

その代わり、踵が削れ過ぎると体のアライメント(バランス)が崩れやすくなりますので、あまりおススメではありませんが…。

ちなみにインソールは800キロ前後で破けたそうです。

アッパーとソールとの境界線は1000㎞くらいで破けたそうな。

平均寿命よりすこし丈夫といった感じですね。

まとめ

  • 比較的安価で手に入れやすい
  • 耐久性や軽さなどバランス良くまとまっている
  • ソールがしっかりしていて、初めは慣れない
  • 密着感が好きな方におススメ

オールホワイトやオールブラックなど、私服に合わせるとかっこいいようなカラーも多数あります。

ただランシューを買うんじゃなくて、私服でもランニングにも着用できるデザインですから、めっちゃおススメです。

快くインタビューに応じてくださった友達に感謝して、終わります!

ぜひ一度見てみてください!

(私にプレゼントで送ってくれたら喜ぶ…はい、黙ります。)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.