RUNと心理ときどき本

7月8月と冷房をつけ続けた電気料金

 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

2018年は7月から猛暑が続いて、熱中症になる人が多い年でした。

今年は仕事に行っている最中も冷房をつけっぱなしにしていましたので、その結果を報告します!

意外と安かったです。

冷暖房を2か月連続でつけ続けた結果

基本設定

基本設定は27度で、自動にしました。

そして24時間フル稼働。

ワンルームなので扇風機も併用したら十分涼しく感じられました。

扇風機を上向きにして、空気を循環してたから涼しく感じたんでしょう。

エアコンは1度温度を下げると約10%料金が高くなるみたいなので、極力温度は下げないように心がけました。

7月の料金結果

5323円でした。

意外と安い!

月初めはあまり使用していなかったからかな?と推測しています。

ちなみに昨年は6228円と、今年の方が安く抑えられました。

8月の料金結果

9780円と、やや高くなりました。

おそらく8月の方が暑い日が続いて、何日か26度に設定したことと、室温を下げるためにエアコンが頑張ってくれたからかな?と思います。

ちなみに2017年の昨年もエアコンつけっぱなしで生活していた時の電気料金は9371円と、昨年より約400円高い結果となりました。

まとめ

  • 7月はつけっぱなしでも6000円台
  • 8月は9000円台
  • 扇風機と併用は必須

普段が4500円ほどなので倍の額にはなっていますが、飲み会1回ほど我慢するだけで1か月快適に過ごすことができるなら、冷房を付ける方が快適でしょう。

暑いと睡眠も浅くなりますし、体調を崩せば余計に出費も増えます。

昔は「冷房を付けずに自然の気温で過ごすのが当たり前」と考えて、一切冷房はつけていませんでしたが、この数年で考え方が変わりました。

9月に入って、ようやく涼しくなってきましたが、まだまだ日中は暑い。

扇風機なら1か月使い続けても約2円なので、あって損はないアイテムですね。

季節の変わり目で体調管理が難しいですが、風邪をひかないようお気を付けください。

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.