思考と恋愛で鬱を克服

ボストンブースト レビュー

2019/02/14
 
ボストンブーストの写真
この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

ウルトラブーストにピュアブースト。なんなら今回はボストンブースト。

ソーラーブーストも発売されて、何が何やら分かりにくくありませんか?

今回はアディダスで人気のアディゼロボストンブーストを友達が履いて走っていますので、ボストンブーストについてご紹介します。

ウルトラブーストやピュアブーストに関してはこちらをご覧ください。

ウルトラブーストレビュー

ピュアブーストレビュー

アディゼロボストンブーストレビュー

そもそもこのシューズの機能とは

全体にではなく、一部にブーストフォームを採用し、ラバーはコンチネンタルラバーを採用していて、「これから走るの頑張るぞー!」といったいわゆるサブ5ランナー向けに作られたのがこのシューズです。

要は初心者~トレーニング向けの反発系シューズというわけです。

なので、走りこんでいる方々もトレーニングで履くと良いでしょう。

履いた感想は軽い

非常に軽いです。

実際店頭で履いてみましたが、レーシングシューズさながらの軽さでした。

また、ブーストフォームを採用していますので、ウルトラブーストにはやや劣りますが、高い反発感がありました。

テンポよく、リズムよく走りたい方は走りやすいだろうなという印象です。

サイズですが、2Eですので若干細めです。

普段履いているスニーカーから1サイズUPの方がいいかもしれません。

ただ、アッパーが全体的に柔らかいので、ジャストで履いている方もちらほらいます。

サイズ感に関しては好みが非常に別れるところですので、店頭に行って試し履きを行いましょう。

アマゾンレビューで高評価を獲得

アマゾンでボストンブーストのレビューを見ていますと、高評価でした。

評価は4.5でした。

かなり好評ですね。

さらに見ていくと、このシリーズを履き続けて5代目になる方がいました。

それほど履きやすいというわけですね。

たしかにアッパーはシンプルな構造で、マラソンでも履けるようなタイプですし、ソールはブーストフォームを使っているし、いろんな良いところを総取りしたシューズのようにも伺えます。

ランニングの平均ペース

友人はこちらを履いて、1kmあたり4:40~53で走行しています。

跳ねてリズムよく走るのがコツと言っていました。

「跳ねる」という言葉がランニングシーンで出てくるのがまた面白いですね。(ここ数年現れたワードのような気がします)

ちなみに走り方は反発性が高いのでミッドフットの方がおススメですが、ヒールコンタクト(踵から着地する方法)でも無理なく走れます。

耐久性は高い

トータル1016㎞走った結果がこちらです。

ボストンブーストのソール部分

1000km走ってもまだまだソールが残っている!

コンチネンタルラバーを採用していて、耐久性が以前より増しています。

それでも踵の外側のラバーがなくなってきて、若干ミッドソールが見えてきていますね。

それでも1000㎞も走ればシューズとしては十分走れた方です。

ミッドフット走行に変えれば1500㎞は余裕で到達しそうですね。

まとめ

  • 軽い
  • サブ5(初心者~中級者)向け
  • 1000㎞も走れる
  • テンポよく走ると反発感を得られて楽しく走れる

アディダスは毎年新シューズがでてきて、循環が激しいため、気になるなーという方は早めに購入された方がおすすめです。

わたしも買おうかなと悩んでいたカラーがなくなってしまい、シュンとしたのを覚えています。

気になる方はチェックしてみてください。

 

あわせて読みたい

ウルトラブーストレビュー

ピュアブーストレビュー

この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カウンセラーもりしBLOG , 2018 All Rights Reserved.