RUNと心理ときどき本

アディゼロボストンブーストで1000㎞走った結果

 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

みなさんこんばんは。もりしです。

今日はアディダスで人気のアディゼロボストンブーストを友達が履いて走った内容をまとめます。

アディゼロボストンブーストまとめ

そもそもこのシューズの機能とは…

ブーストフォームを採用し、ラバーはコンチネンタルラバーを採用。

自身のランニングスタイルにおいてステップアップを目指すサブ5ランナー向けシューズです。

要は初心者~トレーニング向けの反発系シューズです。

履いた感想

軽いです。実際店頭で履いてみましたが、レーシングシューズさながらの軽さでした。

また、ブーストフォームを採用していますので、ウルトラブーストにはやや劣りますが、高い反発感がありました。

サイズですが、2Eですので若干細めです。普段履いているスニーカーから1サイズUPの方がいいかもしれません。

ただ、アッパーが全体的に柔らかいので、ジャストで履いている方もちらほらいます。

アマゾンレビューを見てみると…

評価は4.5でした。

かなり好評ですね。

さらに見ていくと、このシリーズを履き続けて5代目になる方がいました。

それほど履きやすいというわけですね。

ランニングの平均ペース

1kmあたり4:40~53で走行しています。

跳ねてリズムよく走るのがコツです。

ちなみに走り方は反発性が高いのでミッドフットの方がおススメですが、ヒール着地でも怪我無く走れます。

耐久性

トータル1016㎞走った結果がこちらです。

踵の外側のラバーがなくなってきて、若干ミッドソールが見えてきています。

1000㎞も走れば十分シューズとしては持った方です。

ミッドフット走行に変えれば1500㎞は余裕で到達しそうです。

まとめ

  • 軽い
  • サブ5(初心者~中級者)向け
  • 1000㎞も走れる
  • テンポよく走ると反発感を得られて楽しく走れる

興味のある方は是非一度下のURLからシューズを見てみてください。

以上、もりしでした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.