一日一歩成長する

永遠の誓いとか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
米国認定NLPマスタープラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理を学び行動していくうちに自力で克服し、今はメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在はカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

315/365

3行感謝

サポートありがとう

確認ありがとう

運転ありがとう

友達とのLINEしてておもしろかったから共有。

これはその友達が送った内容(許可もらってるよ)

なんで始まった時は

「この子を一生大事にします」とか

「この人と結婚するんだろうな」とか

「この子しかこの人しかいない」とか

言うのに、終わる時はあっさり終わっちゃう人が多いんだろう

時間が経つにつれて当然どんどん最初には全く見えなかった嫌なとこも見えてきて、見え方も違ってくるのわかるだろうに

なんでそれも考えずに、考えてるのかわかんないけど、この人だけ」とか簡単に言えちゃうんだろう?

なんで生まれてから何十年も一緒にいる親でさえわからない事いっぱいあるのに、235年とかくらいしか一緒にいないカップルとかが相手の全てをわかった気になれるんだろう

こんな歌詞チックな会話をしてたのね。

半分共感。

言葉にするってとても大切。

無謀な夢でもなんでもまずは口に出してみる。

口に出すと自分の本気度合いがよくわかる。

そもそも本気ってなに?って話で本気って言うのは良い時も悪い時も続ける継続性、良いパフォーマンスを続けるよう努力する姿勢だと個人的に考えてるのね。

だから色んな人がいろんな夢を口にする。

「俺はこの人と一生添い遂げる」とか

「〇〇以外興味ない。」とかとか。

やり始めは誰だって気持ちが昂ってるから本気だと思い込む。

まぁ、恋愛したら脳はチンパンジーレベルになってるから仕方ないけれども。

恋愛の期限は3年。長くて4年。

これは脳がそうなってるから仕方ない部分。

だから本気って言うのは3年過ぎてから発することができるような言葉だと思うのね。

それに、別れる前提で付き合う人っていると思う?(中にはいるけど)

その人と一生添い遂げる決心で向き合って、向き合って…向き合って。

それでも離れるべき時が来ることだってある。

2人がどんな想いで離れていくか、そしてその後どんな言葉をどんな想いで発していくのかなど、周りの人に伝わるわけがない。

言う必要がないから。

だからあっさり別れたとか感じるのかもしれないね。

知った気になって別れるんじゃない。

向き合っていく中で目標が異なり始めたから離れていくだけ。

恋愛に限らず夢を語る時でも同じことが言える。

「〇〇に就職したい」

「ずっとここで働きたかった」

「俺は〇〇になりたい」などなど。

夢を語るのはとても気持ちがいい。

その瞬間だけ自分が夢に向かって行動しているような「錯覚」に陥るから。

そして夢が叶った瞬間にじゃあそれで満足か?って聞かれると満足でなくなる。

なぜならまた異なる夢を見るようになるから。

だからこそ途中で夢や目標が変わるのは当たり前。

別に悪いことじゃない。

悪いのは自分に嘘ついて生きていく人生。

続けるのは美徳かもしれへんけど、てめぇの人生てめぇで決めろが信条やから、変わったって良いと思ってる。

こんなこと書いてると「言葉に責任もて」って言う人も中にはいるかもしれない。

それはたしかに正しい指摘。

だがしかし、責任以上に動いた感情を大切にしたいって思うのが人ってもん。

正論より感情論。

一貫性はとても大事やけどね。

人生1回やもん毎回正しい選択なんて取れないもんね。

話はまた恋愛に戻るけど、愛の形って様々。

一生寄り添うことが愛。

無慈悲に協力したいと思うことが愛。

離れてても想い続けることも愛。

ほんとに様々なものがある。

俺が考える究極の愛ってのはほんの一瞬しか現れないもの。

それは死ぬ瞬間。

色んなことがどうでもよくなって、色んな人に感謝の気持ちが起こるであろうあの瞬間。

あの瞬間だけは恨み辛みもなくなり、愛し愛された人のことだけを思う究極の愛の形だろうと思っている。

なんでこんなこと書いてるのかって?

友達から聞かれたから。

若いうちは一緒にいたいとか、寄り添いたいとか。

独り占めしたいとか色んな感情が起こるもの。

でも、80歳なった時にそんなこと感じるのかな?

100歳なった時そんなこと思うのかな?って考えたのね。

少なくとも男は40過ぎたら性欲なんてものは減っていく。

女の子見て可愛いとかは思うかもしれへんけど。

いま好きな人がいたとして、その人と別れることになったとして。

その人と70年後に再開したら、どうなるやろう?とか思うことがよくある。

別に一緒にいなくても、離れてても、生きてても死んでても想いが伝わらなくても。

想い続けることはできる。

紙で残す、動画で残す、色んな方法で表現できる世の中やから。

だから死ぬ瞬間の感情が究極の愛の形。

なんか今日長くなっちゃったな。

恋愛って、愛って奥深いね。

これ読み返したら少し恥ずかしく感じるかも。

ま、そんなわけで🍎

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
米国認定NLPマスタープラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理を学び行動していくうちに自力で克服し、今はメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在はカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もりしBlog , 2020 All Rights Reserved.