RUNと心理ときどき本

10㎞ラン連続4か月してみて…感想 そして次の目標

 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

一言でまとめると、「辛かった」そんな毎日10㎞ランでした。

これから10㎞走ろうと思っている方の参考になればと思います。

そもそも10㎞ランとは、UVERworldのTAKUYA∞さんの習慣です。

その内容はこちらをご覧ください。

TAKUYA∞さんの驚くべき習慣

では、感想を書いていきます。

その前に10㎞ランの自分ルールを載せておきます。

  1. 毎日最低でも250m走ること
  2. 月間平均10㎞にすること
  3. 走り終えたタイムは必ず4:59ペースであること

10㎞ランを連続4か月達成して…

速く走れなくなった

速く走れなくなりました。

5月からのスタートで、5月は自己新記録、6月も新記録を出して非常に好調でした。

自己ベストは41:44で埼玉スーパーアリーナ男祭り時代のTAKUYA∞と同等の速度で走ることができました。

ただ、7月に入ってガクンとタイムが落ちました。

そして自分では速く走っているつもりなのに、タイムが伸びていない。そんな感覚です。

ちなみにこれが4か月の平均ペースです。

  • 5月の月間平均ペース4:49
  • 6月の月間平均ペース4:45
  • 7月の月間平均ペース4:53
  • 8月の月間平均ペース4:52

見てもらえばわかる通り、7月でガクンとペースが落ちています。

体調不良や気候の変化もありますが、それ以上に身体が悲鳴を上げていました。

毎日疲労が溜まっていましたし、寝起きも気だるさが取れず、スッキリとした目覚めはあまりありませんでした。

7月のお盆休みなんて、しんどいからほぼ毎日昼まで寝るくらい疲労が抜けませんでした。

気力だけで走り切った7月でした。

楽しく走れなくなった8月

もはや精神の鍛練でした。

職場から帰ってきて、ブログを書いて、軽く仮眠をとってから走る日々。

「嫌だ…走りたくない」そんな風に思っていた日の方が多かったです。

自分なりに自分を奮い立たせたり、周りに公言して逃げ場を無くしたりと、工夫をしながら走りました。

彼女にも「どうしてそこまで無理して走るの?」ととても心配されました。

自分では当たり前になっていましたが、相当無理しているように見えたそうです。

たしかに、平均睡眠時間は4時間ほどだったので、かなり身体は重かったです。

何もしなかったらすぐに睡魔が襲ってくるから、何かしていたい…そんな感覚でした。

おそらく睡眠時間も短いから、体感速度と実質速度が違っていたのでしょう。

8月31日は、実質20㎞走ったからか、私の中で若干燃え尽きた感がありました。

体重に変化が現れた

私は168㎝、52㎏がここ10年くらいの体重なのですが、この4か月で一気に落ちました。

体重が49㎏まで落ちたんです。しかも体脂肪率がもともと1桁なので、純粋に筋肉が落ちたことになります。

だからきっと速く走れなくなったのでしょう。

ずっと身体が重たい。軽いはずなのに重い。そんな感じでした。

一人暮らしでもともと自炊している身ですから、食べる量より食費を気にしていた結果がこれです。

走っている人、相当エネルギーを使うから、たくさん食べてくださいね。

何を食べてもおいしく感じる

好き嫌いのない私ですが、いつも以上にご飯が美味しく感じました。

それだけ身体が欲していたのでしょう。

一人で焼き肉食い放題も行きました。(笑)

本当に何を食べても美味しかったです。

顔がこけた

あまり実感ありませんが、彼女に顔がこけたと言われました。

まぁ、体脂肪率5%まで落ちていれば、そらこけるわなって話です。

寝つきはめちゃくちゃ良くなった

寝つきがめちゃくちゃ良くなりました。

半分気絶レベルです。

ベットに横になったら、即寝ている。みたいな感じで寝れる状態でした。

前にも書きましたが平日は4時間睡眠が基本だったので、この8月は本当にきつかったです。

睡眠の大切さを身をもって学びました。

最後に

本当にきついきつい4か月でした。

周りには何食わぬ顔で「余裕!」って言っていましたが、筋肉痛が激しい日もありましたし、身体の調子が悪すぎて泣きながら走った日もありました。

Twitterでは「あなたの言葉には遊びがない。もう少し遊びが欲しい」なんてことを質問箱に投稿されたこともありましたが、そらそうです。

こちとら必死に自分を奮い立たせていましたから。(笑)

いやほんとね、うだうだ自分の人生はあーだこーだ言ってる奴は10㎞走れって話ですよ。

10㎞走れば彼女だってできるし、10㎞走ったら彼女ができました

抗うつ剤を投与するのと同じ効果があるから、走って損なんてありません。

さっさといますぐ走ってきてください。←強引かて

また違う目標を立て直す

今年は1日も休まず走っていましたが、昨日で記録が止まりました。

けど、少しスッキリしたような感覚です。

自分なりにベストを尽くして頑張った4か月だし、身に着いたことはたくさんありました。

自分の決めたことは守れなかったにしろ、挑戦した結果です。悔いはありません。

それに、毎日10㎞走ることが私にとって重要ではないということもわかりました。

自分の今すべきことは20分以上のランニングと、ブログで想いや良い情報を発信していくこと。

これだと思っています。

現実逃避の10㎞だった

10㎞から逃げるわけではなく、むしろ10㎞に逃げていたような気がします。

  • 10㎞走らないといけないから、身体を休める
  • 疲れているから、多少のことは仕方ない
  • 寝不足だから、遅くなるのは仕方ない

全部10㎞走っているから悪いんだ。みたいに思うようになりました。

そうして「どうして10㎞走っているのだろうか。この時間を他に割り当てられないか。」

などと思う日々も増えました。

その結果、10㎞という距離を減らそうと思います。

そして速く走れるようなトレーニングに変更しようと思います。

坂道ダッシュを取り入れます。

10㎞を諦めたわけではなく、速く走れるようになって、平均ペースが30分台になるようこれから身体を作っていこうと思います。

毎日10㎞走ると自分にはオーバートレーニングのような気がしました。

それに、体重が落ちて体調を崩していることから、現状のままではいけないと判断した結果です。

夢は諦めなけらば叶うチャンスはいくらでもある。

大切なのは行動し続けること。諦めないこと。

この2つです。

最後が長くなってしまいましたが、10㎞走って、本当に良かったです。

これからは自分なりのやり方でペースを上げて、もう一度速く走れる身体を手に入れようと思います!

まだまだ挑戦し続けますので、応援よろしくお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.