一日一歩成長する

新社会人で鬱になりやすい人の9つの特徴

 
この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

これから新社会人となって羽ばたく人。

もしくは転職活動を現在頑張っている人へ。

あなたは鬱になったことがありますか?

「いやいや、もりしさんよ。俺はそんな心の弱い人間じゃないんだよ。」

本当にそうでしょうか。

国際共同研究(Kesslerら2007)によると、日本の国民で一生の間にうつ病、不安症など何らかの精神疾患にかかる人の割合は18%と報告されています。

約5人に1人の割合となります。

「えぇ、意外と多くない?」

わたしも過去軽い鬱を経験しました。

そこで鬱になりやすい人の特徴をまとめてみました。

鬱になりやすい人の特徴

まじめ

非常にまじめです。

上司「これやっといてー。」

「はい!やります!」

上司「コレ間違っているよ。」

「すみません、すぐ直します!」

こんなやりとりは日常茶飯事です。

どんなことにもまじめに取り組むのが魅力でもあります。

まじめなのは良いことですが、緩さがないといつか壊れます。

例えば車もそうですが、ハンドルを少し切るだけで動いてしまったら怖いですよね。

少し遊びがあることで敏感に反応しすぎることなく運転することができます。

責任感が強い

人一倍責任感が強いです。

お昼休みなのに休憩することなく働き続けたり、自ら課題をつけて行動したりするのも特徴です。

完ぺき主義

完ぺき主義の方は非常に理想が高いです。

過去一緒にお仕事していた人がそうでした。

常に理想を追い求めて行動されていましたが、時折弱音を吐かれていました。

完ぺき主義であるがゆえに自分の逃げ場を失っているのでしょう。

そして理想は所詮理想。

そこを理解して理想に近づける努力は続けたいものですね。

人からの評価も高い

「この子はできる!

いやー優秀な人が入ってきてくれて嬉しいよ

いつも頼りにしているよ。」

そんな風に言われると、誰だって舞い上がって頑張りますよね。

評価を得たいと努力する人は、評価が下がることに対して敏感です。

「あぁ、これで評価が下がったらどうしよう…。」

そんな風な考えになってしまうと黄色信号です。

周りからの評価が高い分、無理してしまうことがあります。

道徳観も強い

そもそも道徳観とは…

道徳観」の「道徳」は、“人々が、善悪をわきまえて正しい行為をなすために、守り従わねばならない規範の総体”の意味

言い換えると曲がったことが大嫌いといったところです。

一概には言えませんが、他人に自分の価値観を押し付ける傾向もあります。

「困っている人がいれば助けてあげなさい。」

そんな道徳観をもっていますと、自己犠牲をしてでも助けようとします。

周りを頼れない

うまく仕事を回せる人は、周りを使うことに長けています。

全て自分でやらなくてもいいことをわかっているからです。

ですが、働き始めて初めのころはそんなこと言っていられませんよね。

そもそも覚えることが膨大ですから。

それでも頼れることは沢山あります。

悩みを相談できる人をつくっておいたり職場内で友達をつくっておきましょう。

職場内に3人の友達がいると、幸福度が高まるといった研究があります。

抱え込みすぎないようにしましょう。

孤立しがち

先ほどの見出しにも関係しますが、孤立するとメンタル的に危険です。

特に職場だと誰も助けてくれないようになりますので危険です。

周りが助け舟を出してくれないようになると、ぜんぶ自分でどうにか解決させないといけないという悪循環に陥りますので、孤立することは避けましょう。

運動をしていない

仕事にいっぱいいっぱいになると、仕事→帰宅→夕飯→睡眠

このようなルーティンが出来上がってしまいます。

こうなるとリフレッシュできなくて体内にどんどんストレスが溜まっていきます。

一人暮らしで友達が周りにいない

あなたには友達がいますか?

もしくは落ち込んだ時に支えてくれる人はいますか?

過去の私がこれでした。

  • 失敗したのは自分のせい
  • 俺が我慢すればなんとかなる
  • 先輩の尻ぬぐいも俺がやればいい

自らを鼓舞していることが多いのですが、時折しんどくなることもあります。

毒ぬきしておかないと、どんどん体内にストレスという毒が溜まります。

愚痴を言う必要はありませんが、人と話すことで不思議と身体は軽くなっていきます。

心理カウンセリングでも、日常会話を取り入れていますので、会話とは非常に重要なツールです。

まとめ

  • まじめ
  • 責任感が強い
  • 完ぺき主義
  • 周りからの評価が高い
  • 道徳観も強い
  • 周りを頼れない
  • 孤立しがち
  • 運動していない
  • 一人暮らしで周りに友達がいない

9この特徴をご紹介しました。

ほんとうに誰でも鬱になります。

辛くなった時はいつでもかまいません。

誰かに助けを求めましょう。

誰もいないなら私が支えます。

だから、いつでも頼ってきてくださいね。

それでは

この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もりしBlog , 2018 All Rights Reserved.