RUNと心理ときどき本

初めてJAFを呼んでみたら対応が早くてびっくりした話

2018/11/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

いやーびっくりしたー…笑

まさか自分がJAFを呼ぶことになるなんて…笑

呼んだこともない方が多くいるかと思いますので、起きた事をまとめます!

大事なのは、アクシデントの時こそ冷静に…!

さぁ仕事へ行くぞ!と思いきや…

今日も仕事へ行くぞ!と思い、車を運転し始めたら、あれ…???おかしい。

いつも以上にガタガタ音がして、振動が激しい。

車を止めてタイヤを見たら、こんな感じになっていました。

はい。パンクです。泣

2か月間に変えたばっかりやのに!!!泣

なんて朝からショックを受けながら、ひとまず上司に連絡。

いったんお休みを頂きました。

タイヤのパンクはすぐ直る?

JAFのスタッフさんによると、タイヤは場所によってはすぐ直るのだそう!

直らない場合があって、それは…横に穴が空いている時。

僕のは…横に穴が空いてました。泣

タイヤは地面と接する面はゴムが厚くできていて、サイドはクッション性や空気を入れても裂けないように薄くなっています。

この構造のおかげで空気を入れると膨らむんだとか。

だから地面と接する方はチューブを差し込んで穴埋めすると、ゴムの厚さで圧迫されて穴が塞がるみたいなんですが、横は厚さがないため、ほんの一時しのぎにしかならないみたいです。

タイヤが地面に接する面は、少しの穴なら修理ですぐ直ります。(約10分程度)

横の面はほんと数キロ先のカローラ店まで運ぶ程度でもギリギリみたいなので、穴埋めせずJAFなどでレッカー依頼したほうが無難です。

原因は?

タイヤの横に穴が空く原因は主に2つだそう。

イタズラ。

最近よくあるそうです。警察に言っても逮捕するのは難しいらしいです。

そのため予算があるのでしたら360度見れる防犯カメラを付けた方が良いです。

特に治安の悪いところでは、駐車場に止めている車全てのタイヤを穴開けるなんてイタズラが横行されているそうなので、できる限り防犯対策しておきましょう。

走ってる時に窪みに入って、タイヤ側面を傷をつけた場合

タイヤを触ってみてください。側面ってめっちゃ軟らかいんです。

何故かというと先にも少し述べましたが、ここでクッション性を付与させたり、空気を入れてタイヤを張らせるために軟らかくしているのだそう!

ここを道路の窪みなどで傷つけてしまうと、簡単に破れます。

なので運転する際はできるだけ窪みの上を走らない方が良いです。

ちなみにパンクした状態で走っていいの?

絶対に走らないでください!事故に繋がる可能性が高いですし、ホイールまでダメになったら、出費が増えます!

パンクした状態で、タイヤの溝がなくなるくらい走るのもやめましょう。修理不可になるからです。

走っても1㎞以内に留めてください。

最近はアプリでJAFを呼べる

昔は電話対応のみでしたが、最近は優れてて、アプリでJAFを呼べました。

アプリなら必要な情報を入力するだけなので、超簡単。

それにフォーマットが整っていますので、説明が苦手な方ならアプリがおススメです。

JAF アプリで検索すると出てきます。

「何分ごろ到着します」とか記載されてて、とても助かりました。

来るまでの間ゆっくりできるしね。

アプリで申請後、20分くらいで来てくれました。

来たらあとは任せるだけ

さすがプロ!判断も早くて任せっきり。

特になにもしていません。

修理は保険の範囲内なので、基本的に無料。

積車は15㎞まで無料だそうです。

その場で所持していてよかったもの

保険の書類を車に積んでいたから、めちゃくちゃスムーズでした。

あとはJAFの会員カードです。

カード自体がなくても、最近はアプリでインストールもできるから、本当に便利です。

この2つさえあれば何の問題もなくスムーズに進みます。

対応してもらっている間に、保険先の東京海上日動やカローラ店に電話して、南海プラスというプランに加入していましたので、タイヤ1本無料交換してもらうことになりました。

そうして兵庫から購入先の大阪のカローラ店まで積車をお願いすることになりました。

その後、再度保険会社に電話して、JAFの方にケータイを渡したら、お金関係は全部済ませてくれました。

盗まれるというリスクはありますが、書類は車に積んでたほうがいいかもと思った体験でした。

まとめ

車にはJAF会員カードをのせておく。

もしくはJAF会員カードのアプリをインストールしておく。

保険業者の契約内容を車に積んでおく。

パンクしたらすぐに車をわき道に止める。

アプリor電話でJAFを呼ぶ。

あとはJAFのスタッフさんに聞かれる情報を基に行動する。

以上になります!

 

突然のピンチ。

こういう時こそできるだけ冷静に行動することが重要です。

私も初めての体験でしたが、準備物やアプリのおかげで迷うことなくスムーズにできました。

ぜひ、この情報を有効活用してください。

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.