一日一歩成長する

20代で一人暮らしの方必見!「超節約」できる8つの方法

2019/04/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

「金がないー。」と嘆いている人をよく見かけます。

わたしは20歳から一人暮らしをしていて、男ですが毎年100万円貯金できています。

ほんとにお金ないの?ってのが疑問で、私の節約方をまとめてみました。

これから一人暮らしをする人
一人暮らしをしているけれど、なかなか貯金がたまらない人
いろんな人がいるかと思いますが、お金いらないなんて人は一人もいないかと思います。
是非これを読んでみて、使えそうなものを実践してみてください。

セルフカットをしてみる

散髪のイメージ図

セルフカットが上手くなれば年間16000円は浮く!

一人暮らしをきっかけに、美容室へ行くのをやめました。

気づいたんです。

「私の髪型が変わっても、誰も何も思わないってことを…。」

少し悲しい話かもしれませんが、本当に気づかれません。

特に男性は短髪の人も多いでしょうから、仕事をし始めたら気づかれることの方が奇跡に近いです。

セルフカットなら、

  • 予約しなくていい
  • 美容室で頭洗ってもらう必要もないし
  • 好きな時間に髪の毛を切ることができる

そんなメリットがあります。

カット用のハサミは100均で売ってますから、初めて買うものはそれだけで充分です。

美容室に行って切ってもらうなら1回4000円だとして、3ヶ月に1回なら年間16000円の節約になります。

5年行っていませんから、約80000円浮いてます!

切り始めた最初の頃はセルフカットだと気づかれることも多かったのですが、5年もセルフですのでかなり上達しました。

最近では自分で言わないと気づかれません。

切った後の片付けが面倒なら、1000円カットがおすすめです。
当たりはずれはありますが、30分程度で切ってくれます。

髪の切り方を見て、やり方を盗めば、一石二鳥ですよ!

自炊する

料理のイメージ

自炊は節約のキホンですよね

わたしは一人では一切外食をしません。(割引券があれば別ですが)

例えばサラリーマンで昼食を購入・もしくは外食したとします。

社内食堂は一食510円だとしましょう。

20日利用したとして、10200円。

昼食だけで年間約120000円の出費となります。

働きに行っているのに、会社でお金を使うって、私はなんだか嫌です。

自炊なら一食、約100円です。かける20日で2000円です。

8000円くらい浮いています。8000×12か月=96000円!デカいです!

昼食だけでもこれだけ多くの差が生まれますから、自炊は非常に大切です。

業務スーパーをうまく活用する

食にあまりこだわりがない方でしたら、業務スーパーは本当におススメです。

2㎏で1000円くらいの味付き豚肉や、サバの冷凍などは非常に重宝しています。

まとめて買って、まとめて作って、即冷凍!これめっちゃ楽ですよ。

1駅歩いてみる

歩くイメージ

1駅でいいから歩いてみましょう

人駅歩くだけも料金が変わるところは沢山あります。

たとえばわたしの住んでいる家から駅まで、バスだと往復400円かかります。

身体のことも考えて、最近は歩くとか自転車に乗るなどにしました。

身体にもお財布にも優しいです。

値切る

値切りのイメージ

値切りはかなり節約になります

モノを買うときは基本的に値切りましょう。

車は「日本で一番値切ったんじゃないか」って店員さんに言われるくらい値切ったこともありましたし、機械だと1万円以上は値切ります。
ガクトさんによると、値切ることはコミュニケーション能力を高めるいい方法だそうです。
たしかに相手と駆け引きするわけですから、非常にコミュニケーション能力が高まります。

相手の表情やモノの価値を見る目を養うこともできますので、値切ることは本当に大切です。

値切り方はまた別でまとめますね。

コンビニを利用しない

コンビニエンスストア

コンビニは物価が高いです

鴨頭嘉人さんによると、日本人は平均で、週3回ほどコンビニを利用するらしいです。
わたしは純粋にモノの値段が高いから、コンビニで買い物をしません。
どこかへ遊びにいくのなら、前日にスーパーで飲み物を買っておけば半額で済みますし、惣菜や弁当もスーパーの方が遥かに安いですし。
コンビニでコーヒーを買うのが手頃で楽とかよく聞きますが、家で作ってボトルに入れればいいやんって思うんですよねぇ…。
最終手段でコンビニを使うくらいの方が良いかと思います。

このコンビニを使わないのをするだけでも断然違います!

毎週コンビニでどれだけお金を使っているか、一度家計簿をつけてみてください。

その差は歴然です。

自動販売機を使わない

自動販売機の写真

自動販売機を使うのをやめてみましょう

自動販売機って、高くないですか?

わたしには高く感じます。
スーパーなら80円以下で売ってます!用意しましょう。

倍の値段で買う価値なんて全くない!味は一緒ですよ?

160円のジュースを週2回買ったとします。1年は52週あるから、52×2×160=16640円。
半額の飲み物で済ませば、8320円浮きます。

靴を擦って歩かない

めちゃくちゃ主張したいです。

靴を擦って歩く人多すぎる!!!!!!!

お前らを地面に擦ってやろうか!!!ってくらい靴を大切にしていない人が多いです。
日本人は草履の文化で靴紐を結ばずに歩く人が多いと言われています。
結ばなくても構わないが、擦って歩くのが問題。
当然靴底はすぐに磨り減るし、新しいものを買わないといけなくなります。
(たまにソールすら無くなっている靴を履いている人もいますが)
僕は1足の寿命がだいたい7年です。
所有している数が多いこともあるけど、1年でダメにしたことはありません。
ローテーションして最低でも3年は履いています。

綺麗に履けば愛着が湧きますし、外出するとき気持ちよく出かけられます。
お金持ちほど靴は綺麗です。綺麗に履いています。これはもう原理原則と言っても過言でないです。

むやみにモノを買わない

買い物のイメージ

買い物が楽になったからこそ注意が必要

安いからって、つい買っちゃうことありませんか?これが実は最大の出費に繋がっています。
着ていない服、部屋にゴロゴロ溜まってたりしませんか?
ある人がこんなことを言っていました。

モノが欲しくなったら、その時点では買わない。
ある程度の期間を設けて、それでもそのことが頭から離れなければ買う。
でないと、考えている時間の方がもったいないから。

例えば、私の場合、有名人が着ている服が欲しくなる時があります。(TAKUYA∞着用…通称むげ服)
もうめちゃくちゃ欲しくなります。ただ、毎回思うんです。「高い」「似合わない」って。
そんなときは一回考えます。「待て俺…それいるか?それを買って何になる?似合わんぞーやめとけ。」
ここで踏みとどまれたら勝ちです。余計なモノを買わなくて済みます。

「いやーーーーーやっぱり欲しい!」そうなったら彼女に相談します。
似合いそうと言われたら即買いです。即、買います!
大体やめろと言われるので、シュン…としながら諦めます。

それでも…!!ってなったら買っちゃいます。もう満足です。最高です。
そのくらいモノを買うときは考えましょうねって話です。(最近ようやく買わずに我慢できるようになりました)

最近ではネットでモノを簡単に

まとめ

8つのことをまとめると…
「自分でできることは自分でする。」
「同じ価値なら安い方を買う」
「モノとしっかり向き合う」です。

1〜8を合わせてみると、単純計算で1年で47120円浮きました。
10年続けたら50万近くです。大きいですよね。

最近は自己啓発にお金を使うように、シフトしてきましたので、年間約5万使えるのは非常に有難いです。
何にお金を使うか、よくよく考えるのが大切ですね。

お金は本当に大切です。

特に独り身でこれから結婚を考えている男性なら、結婚式やプロポーズの時に渡す婚約指輪などで大きな出費がドンっときます。

早いうちから貯めておきましょう。

いかがでしたでしょうか。

使えるものがありましたら、ぜひ参考にしてみてください。

2018-05-29 20:19:49
この記事を書いている人 - WRITER -
米国認定NLPプラクティショナー・元靴職人 10代の頃から憧れていた夢の職場で働くも、2年目で鬱を発症。 心理学を学びながら行動していくうちに自力で克服し、今では他にメンタル改善につながる方法はないか調べながら自分で検証しています。 現在では資格を取得してカウンセリングも行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もりしBlog , 2018 All Rights Reserved.