RUNと心理ときどき本

ちょっとした心理テクニック。テーブル席であなたはどこに座りますか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

こんばんは。

突然ですが問題です。

あなたは目の前に、まだ仲が深くない人が目の前にいて、これから食事をしに行きます。

横長の四角いテーブルに案内されたあなたはどの席に座りますか?

  1. 対面
  2. 斜めの席

座る位置でわかる心理

対面

よく選びがちなところです。

対面は仲良くなりたいという心の現れです。

前から仲いい人だと良い席で、まだ仲良くないなら避けた方が良い席です。

なぜなら対面は相手に圧迫感を与える場所だと言われています。

仲いい人なら別ですが、食事をしている最中ずっと目の前に人がいると、目線を外すのに疲れませんか?

短い時間ならそんなに気になりませんが、長時間だと疲れます。

隣はカップルや夫婦など、非常に仲がいい人が座ろうとする席です。

ちなみにパーソナルスペースと呼ばれる空間があります。

それは楕円形の形をしていて、背中とおなかの方に長くなっています。

つまり横はパーソナルスペースが狭く、近づきやすいから仲良くなりやすいというわけです。

バーなどへ行くと仲良くなりやすいのは、カウンター席で横に座って親密度が上がりやすい環境になっているからです。

もし隣に座ってきたら、仲いい証拠だと思ってください。(あまりないだろうけど)

斜め

先ほどパーソナルスペースを言いましたね。

これが一番距離を取れる場所です。

目線を前にしても視線が合わないし、相手に緊張感を持たせない席と言われています。

ただし、広いテーブルだと妙に距離感があって、仲良くなりにくいので注意してください。

おススメの座り方

上記3つの心理状況を紹介しましたが、ほかにもっと良い座り方があります。

それを今回は紹介します。

それは…

対面で少し席をズラすor席の半分横に座る

これです!

これが何故いいのか、あなたにはわかりますか?

少しずらすことでもたらされる心理効果

実はこの座り方をいつも実践していますが、相手には気づかれたことはありません。

この少しずれた位置に座ることで

  • 圧迫感を与えずに、会話ができる
  • 斜めに座るよりも親密度が上がりやすい
  • 対面に座ることができる=親密になったとき話が進みやすい

このようなメリットがあります。

ぜひ使ってみてください。

以上メンタリストMoRiShiでした。(DaiGo風)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
靴職人・ブロガー ・米国認定NLPマスタープラクティショナー(実践心理学)の卵 身長168㎝ 体重52㎏ 体脂肪率5~8% 憧れた背中を追いかけるべく、RUN・BLOG更新を行っています。 趣味は読書で月に5~10冊です。 サッカーとラーメンが大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© morishi's BLOG , 2018 All Rights Reserved.